知人ら3人をひき殺そうとしたか 57歳「人がいることに気付かず」

[PR]

 知人男性とその親族の男女3人を車でひき殺そうとしたとして、岡山県警瀬戸内署は、同県瀬戸内市邑久町豆田、無職末石悟容疑者(57)を殺人未遂容疑で逮捕し、発表した。「3人ひいたことには間違いないが、人がいることに気が付かずにひいた」と容疑を否認しているという。

 署によると、末石容疑者は24日午前2時20分ごろ、同市邑久町の路上で乗用車を運転し、知人で市内のアルバイト男性(57)とその弟(54)、めい(25)を後ろからひいた後、逃げ遅れた弟とめいをもう一度ひき、殺そうとした疑いがある。3人は岡山市内の病院に搬送されたが、男性は顔、弟は腕の骨折の疑い、めいも打撲などのけがを負った。

 直前に付近の住民から「男女の争う声がしている」と通報があり、署員が駆けつけたが、末石容疑者は逃走しており、指名手配して行方を追い、瀬戸内市に隣接する備前市内にいるところを発見し、逮捕した。同署は末石容疑者と男性の間に何らかのトラブルがあり、弟ら2人は止めに入ったとみて調べている。