中村勘九郎ら演じる不思議な世界へ 上田久美子書き下ろし朗読劇

有料記事

河合真美江
[PR]

 宝塚歌劇団で数々の名作を生み出した演出家上田久美子が、退団後初めて手がける朗読劇「スペクタクルリーディング バイオーム」の制作発表会見が26日、東京都内であった。上田は「今の社会から私が受けとったものを、即興的に形にするという挑戦をさせてもらった。不思議な世界になりました」と笑顔で話した。6月8~12日に東京建物Brillia HALLで上演される。

 作品の舞台は政治家一家の庭先。家族を顧みない両親や、いわくありげな家政婦らの思惑うずまく人間関係の中にいる少年。庭にはすべてを見守る植物とフクロウがいる――。

 主演の中村勘九郎ら演劇界で躍動する7人がそれぞれ2役を演じ、演出はNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」で知られる一色隆司が担当する。

 「その場で様々なことを受け…

この記事は有料記事です。残り658文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント