キャブサウンドに癒やされながら 名車いじり、ゆる~く配信中

有料会員記事

吉田博行
[PR]

 満開の桜の下、日産の真っ白な小型ボンネットトラック「サニートラック」が神社の参道をゆっくりと進む。

 「今日はサニトラちゃんに乗って、キャブサウンドに癒やされながら行ってまいりま~す!」

 キャブとは車の燃料を気化する装置のこと。ユーチューブチャンネル「きてガレージ」では、車やバイク好きをくすぐる運転風景やテクニックを、徳島県阿南市の木具哲也さんが紹介している。お決まりのセリフは「57歳おっちゃんのゆる~いユーチューブです」。

 無線操縦カーのサーキットの運営会社やIT企業を経営する木具さんは、約30年かけて趣味で集めた車やバイクで、自然豊かな風景の中をドライブしたり、古い名車を修理したりする動画を配信している。2年前にチャンネルを開設し、アップした動画は4月に1千本に達した。

木具さんが「名車いじり」を始めるきっかけは、今は亡き最愛の人が与えてくれました。記事後半で明らかになります。

 ユーチューバーに挑戦したき…

この記事は有料会員記事です。残り886文字有料会員になると続きをお読みいただけます。