連休なのに…観光地が続々封鎖 北京、PCR検査延べ6千万回実施へ

有料会員記事

高田正幸
[PR]

 中国・北京では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、市人口の大部分にあたる約2千万人に対象を広げたPCR検査が26日から始まり、市政府の指示で観光地や文化施設を閉鎖する動きも相次いでいる。週末に大型連休の開始を控えたタイミングでの規制に、市民からは嘆き声も聞こえてくる。

 北京市政府は25日深夜に会見を開き、市民に対して外食や労働節(メーデー)連休での市外への外出を控えるよう求め、文化やスポーツイベント、大型の商業イベントも中止するよう指示を出した。

 これを受け、北京では観光地…

この記事は有料会員記事です。残り518文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら