4億円で磨きをかけた豪華すぎるトイレ カーペットにVIP用個室も

有料会員記事

井上昇
[PR]

 ドライブなどの合間に、豪華すぎるトイレで一息――。年間600万人以上が利用する「刈谷ハイウェイオアシス」(愛知県刈谷市)の「デラックストイレ」が今春、約4億円かけてリニューアルされた。豪華さに磨きがかかったトイレは、新たな「名所」として、大型連休中も多くの利用客が見込まれている。

 「デラックストイレ」は、伊勢湾岸道のパーキングエリアに直結する「刈谷ハイウェイオアシス」内にある。古代ローマの建築をイメージした白い建物で、アーチ状のひさしやガラス張りの外観が目を引く。

 中に入ると、男性用・女性用ともに床全面にカーペットが敷かれ、トイレとは思えぬ高級感が漂う。男女合わせて48個ある個室は、広さや壁紙のデザインがすべて異なるなど、こだわりが随所に見られる。

 「VIP」用の個室もある…

この記事は有料会員記事です。残り444文字有料会員になると続きをお読みいただけます。