缶ビールもとうとう値上げ アサヒ、14年ぶり 他社も追随か

有料記事

山下裕志、田幸香純
[PR]

 物価高が身近なところまで押し寄せてきている。アサヒビールは26日、主力の「スーパードライ」などを10月の出荷分から上げると発表した。缶ビールは14年7カ月ぶりの値上げとなる。原材料の高騰に加え、配送コストもかさんでいるためだ。

 アサヒの値上げは幅広い商品が対象だ。ビール系では「スタイルフリー」や「クリアアサヒ」、「アサヒ生ビール」など。缶酎ハイ「贅沢(ぜいたく)搾り」や国産ウイスキー「シングルモルト余市」、ノンアルコールの「ドライゼロ」も含む。アサヒは出荷価格の具体的な上げ幅を公表していないが、店頭価格は全体で約6~10%上がる想定だという。

 「スーパードライ」(350…

この記事は有料記事です。残り807文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!