野球の「日本海オセアンリーグ」船出 北陸+滋賀、ファン拡大なるか

有料会員記事

柳川迅
[PR]

 【福井】プロ野球へのチャレンジの場であり、地方の盛り上げ役としても期待される独立リーグ。その草分けの一つ「ルートインBCリーグ」から、富山、石川、福井、滋賀の4球団が独立して「日本海オセアンリーグ」を立ち上げた。独自の試合の開催方式やファンサービス拡充で、人気を獲得できるのか。初めてのシーズンが開幕した。(柳川迅)

     ◇

 BCリーグは2006年に設立された。当時の名は北信越BCリーグ。新潟、富山、石川、長野の4県の球団で始まった。BCはベースボール・チャレンジの意味。四国アイランドリーグに次ぐ国内2番目の独立リーグだった。

 08年に福井と群馬の球団が加わって、北信越の名を外した。埼玉、福島、滋賀なども加わり、昨季は12チームが所属していた。

 西地区の4球団が離脱して新リーグを設立したのは、新型コロナウイルスの流行がきっかけだった。

ファン拡大が成功のカギ

 20年の試合は東・中・西の…

この記事は有料会員記事です。残り1530文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら