肛門に異物、数百回スクワット…神奈川の障害者施設で虐待疑い報告

有料会員記事

伊藤良渓
[PR]

 神奈川県立の障害者施設「中井やまゆり園」(中井町)における利用者への虐待の有無について、調査していた県の第三者委員会は26日、虐待として疑われる事案が5件あったと報告した。服薬用の水などに塩や砂糖が入れられたり、利用者の肛門(こうもん)にナットが入っていたりしていたという。第一次の調査結果を受け取った黒岩祐治知事は「信じられない出来事が起きていた。うみを出し切り、県庁を挙げて改善に取り組む」と話した。

 2019年に同園の利用者が骨折する事案があり、県が職員へのヒアリングを実施した結果、虐待が疑われる複数の事案があった。昨年12月~今年1月に職員や退職者ら約250人に匿名アンケートをしたところ事案は約40件に上り、県は3月に第三者委を設置し、調査していた。

 第三者委はこのうち8件を優先的に調査。5件について、障害者虐待防止法の定める虐待が疑われ、関係市町に通報すべき事案だと判断した。誰が、どのような目的で虐待を行ったかがはっきりしていないケースもあり、アンケートなどで発覚したすべての事案について調査を継続する。

 5件のうち、コップの水に塩などが混ぜられていた事案は20年7~11月ごろ、利用者が頻繁に嘔吐(おうと)したことから発覚。5人の利用者の服薬用の水やみそ汁に塩や砂糖が入れられ、ヒアリング調査の結果、職員が入れた可能性が極めて高いと判断した。肛門にナットが入っていたのは50代の男性利用者で20年3月に職員が異変に気付いた。職員や本人、医師を調査した結果、第三者委は本人が入れた可能性は低く、職員が入れた可能性が高いとした。

 利用者の食べ物に多量のシロ…

この記事は有料会員記事です。残り556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    清川卓史
    (朝日新聞編集委員=社会保障、貧困など)
    2022年4月27日11時32分 投稿

    【視点】 深刻な虐待が疑われる実態。徹底検証が必要であることは言うまでもありませんが、同時に、施設のブラックボックス化が年々進行してくという構造的な問題について、改めて考えさせられました。施設職員による虐待は高齢者施設でも多発しており、共通する課題