• アピタル

クルミアレルギーが急増 原因食物「木の実類」が「小麦」超え3位に

有料会員記事

鈴木彩子
[PR]

 クルミやカシューナッツ、アーモンドなどの「木の実類」で食物アレルギーを起こす人が増えている。これまで、日本人の食物アレルギーの3大原因は鶏卵、牛乳、小麦だった。最新の調査で初めて、木の実類が小麦を抜いた。

 調査は、国立病院機構相模原病院相模原市)の海老澤元宏(えびさわもとひろ)・臨床研究センター長らが、全国約1千人のアレルギー専門医らを対象に2020年に実施した。

 食べて1時間以内に症状が出た即時型食物アレルギーを新たに発症したケースをみると、原因の1位は鶏卵(33・4%)、2位は牛乳(18・6%)で例年と同じだったが、3位は木の実類(13・5%)で、4位の小麦(8・8%)を抜いた。豆類のピーナツは5位(6・1%)だった。

 木の実類の内訳を見ると、クルミが最も多く、過半数を占める。報告件数は速報値で463件。前回調査(17年)の約2倍、9年前の10倍以上に増えている。意識低下や血圧低下などで救急搬送が必要になる重篤な症状(アナフィラキシーショック)になったケースも58件あった。

「クルミ」の表示義務化へ、国も検討

 患者数が増えている原因は不明だが、「消費量が増えていることも背景にあるのではないか」と海老澤さんは指摘する。

 栄養価が高いことや健康志向…

この記事は有料会員記事です。残り691文字有料会員になると続きをお読みいただけます。