夏の甲子園、全席指定・前売りに 熱中症や感染症対策のため料金改定

[PR]

 朝日新聞社と日本高校野球連盟は、阪神甲子園球場で8月6日に開幕する第104回全国高校野球選手権大会から、暑さと新型コロナウイルス感染症への対策として、一般観客向け入場券をネット販売による全席指定・前売りとし、料金を改定します。

 すでに指定席としているバックネット裏の中央席を2800円から4200円に、新たに指定席化する外野席は大人500円から千円に引き上げることなどを27日の大会運営委員会で決めました。

 2018年の第100回記念大会から、中央席を前売り指定席に、外野席を有料にしました。

 しかし、翌年の第101回大会も自由席の当日券を求めるお客様が早朝から1万人以上並ぶ日が3度あり、また、期間中に熱中症で手当てを受けた方は約400人にのぼりました。

 3年ぶりに一般のお客様を迎える今夏、指定席・前売り化で混雑解消と熱中症予防を図ります。

 指定席化により学校応援団以外のお客様の入れ替えがなくなるため、総入場者数は大きく減る見通しです。

 一方で暑さ対策や感染症対策の費用は増えており、やむを得ず入場料を値上げすることにしました。

 ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

 販売方法の詳細は後日お知らせします。

全国高校野球選手権大会の入場料

           新料金  第101回大会

中央指定席      4200   2800

一・三塁指定席  大人3700   2000

        子ども1200   800

アルプス席      1400   800

外野指定席    大人1000   500

         子ども500   100

(単位・円/子どもは4歳~小学6年生、第101回は中央席が指定席、そのほかは自由席)