生命の起源は地球外から? 隕石の「低温抽出」でDNAの素材確認

有料記事

水戸部六美
[PR]

 熱を加えず、水でじっくり抽出する「水出しコーヒー」。それと同じ方法で、北海道大学などの研究チームが、DNAやRNAを構成する主な五つの塩基すべてを隕石(いんせき)から検出したと発表した。生命の起源となる塩基が、地球外からきたという説を後押しする結果だ。小惑星探査機「はやぶさ2」が持ち帰ったサンプルの分析にも、この検出方法が使われる予定だ。

 生命のもととなる有機物が、隕石や彗星(すいせい)によって地球外から運ばれてきたという説は広く知られる。しかし、DNAを構成する塩基は検出例が少なく、説に懐疑的な意見もあった。

 検出しにくい理由の一つが、塩基が熱や酸に弱いことだ。隕石を酸性の溶媒で煮出す従来の抽出法では、壊れる可能性がある。

 そこで研究チームは、「コー…

この記事は有料記事です。残り721文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。