ミャンマー軍留学生、授業料免除・給付金提供へ 防衛省

成沢解語
[PR]

 昨年2月のクーデターで実権を握ったミャンマー国軍から、防衛省が今年度の受け入れを明らかにした留学生4人について、同省が授業料の免除と生活費提供の対象とすることがわかった。4人のうち2人は幹部、残る2人は幹部候補生だということも明らかになった。

 防衛省によると、幹部2人のうち、防衛大学校研究科に入校予定の1人は陸軍中尉航空自衛隊幹部候補生学校に入校予定の1人は空軍中尉。防衛大学校本科に入校予定の2人は幹部候補生だという。

 ミャンマー国軍との間では自衛官を派遣して医学や気象学を教える支援を取りやめており、今後も中断を継続する。一方、日本語教育の教官育成を後押しする支援は続けるという。(成沢解語)