自作の筋弛緩剤を女性に投与 死亡の男子高校生を殺人容疑で書類送検

有料記事

[PR]

 大阪府高槻市マンションで2月、住人の柴田周子さん(40)が府内の男子高校生(17)に襲われて死亡した事件で、府警は27日、自作した筋弛緩(しかん)剤を柴田さんに投与して殺害したなどとして、事件後に死亡した高校生を殺人や殺人未遂などの疑いで容疑者死亡のまま書類送検し、発表した。

 捜査1課によると、男子高校生は2月14日午後6時ごろ、同市登美の里町のマンション2階にある柴田さん方に宅配業者を装って侵入。柴田さんの娘を殺害しようとし、さらに2階廊下で柴田さんに筋弛緩作用のある液体を注入し、低酸素脳症により約1カ月後に死亡させた疑いがある。柴田さんは頭にもけがをしていた。娘は、柴田さんが高校生を押さえている間に外に出てけがはなかった。

 府警が事件後、室内外に残された注射器4本を調べたところ、筋弛緩剤の成分を検出。高校生が筋弛緩剤の調合に必要な薬品を購入した記録も確認したといい、府警は高校生が自作して持ち込んだとみている。

 高校生も2階廊下で胸から血…

この記事は有料記事です。残り264文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント