「鎌倉殿の13人」謎多き八田知家とは 演じる市原隼人さんの思い

有料会員記事

滝坪潤一
[PR]

 源頼朝の死後、鎌倉幕府は当時の有力者13人による合議制の政治に移った。その中の1人に、常陸国(現茨城県)の守護だった八田知家(はったともいえ)がいた。NHKの大河ドラマ鎌倉殿の13人」にも今後登場する予定の知家だが、その生涯は謎に包まれている。

 知家の子孫は小田氏を名乗り、筑波山麓(さんろく)の小田城(現つくば市小田)を拠点に茨城県南地域を治めた。期間は戦国時代の終わりまで約400年に及ぶ。

 小田氏の歴史をたどる特別展「八田知家と名門常陸小田氏」が、土浦市立博物館で開かれている。

 会場に入るとすぐ、「前右衛門尉藤原友家(知家)」に宛てられた文書がある。1180年、頼朝が知家を下野国茂木郡(現栃木県茂木町)の土地を管理する地頭に任じたことを示す内容だ。

 知家は藤原氏の一族とされるが、生没年はわかっていない。知家の動きは、13世紀末~14世紀初頭に幕府自ら編集したとされる歴史書「吾妻鏡」で知るしかない。

 それによると、1183年、頼朝の叔父である志田義広が常陸国で反乱を起こした。知家は頼朝方として戦い、功績をたたえられた。1189年には頼朝の奥州藤原氏追討に際し、常陸国内の武士を動員して太平洋側を通って北に向かう指揮官を任されている。このときには、常陸国の守護を務めていたとみられる。

 翌90年、京へ出発する日に知家は大遅刻して正午ごろに鎌倉に着き、頼朝を怒らせた。体調が悪かったと報告した後、ひるまずにこう問うた。

「鎌倉殿の13人」で八田知家を演じる俳優の市原隼人さんが、朝日新聞にコメントを寄せてくれました。記事後半で、知家に対する市原さんの印象や、ドラマにかける思いを紹介します。

 「あなたはどの馬に乗られま…

この記事は有料会員記事です。残り992文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら