• アピタル

第6波の自宅死、3カ月で555人 感染増え5波から倍増 厚労省

有料会員記事新型コロナウイルス

林義則
[PR]

 年明けから国内で感染が拡大した新型コロナウイルスの「第6波」で、感染して1~3月に自宅で亡くなった人が、少なくとも555人にのぼることが27日、厚生労働省の調査でわかった。自宅でのみとりを希望したケースもあったが、自宅で倒れているところを家族が見つけたケースもあった。

自宅療養中が65%

 都道府県を通じた自治体への調査で、厚労省が27日にコロナ対策を助言する専門家組織の会合で明らかにした。555人のうち65・8%は陽性判明後の自宅療養中に亡くなっていた。34・2%は亡くなった後に感染が確認され、死亡直前の症状は軽症・無症状が43・4%、中等症が7・0%、重症が2・2%、不明か死後の診断が47・4%だった。

 年代は80代以上が55%、70代が24%、60代が10%、50代が5%と高齢者の割合が高かった。基礎疾患ありが64%、なしは25%、不明が11%だった。ワクチン接種歴は、2回の39%、3回の5%に対し、未接種が16%、1回が2%、不明は38%だった。

入院調整中のケースも

 自治体からの報告によると…

この記事は有料会員記事です。残り332文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]