米ロが囚人交換 ウクライナ情勢めぐり関係が緊張するなか

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 米政府は27日、ロシア側との囚人交換により、ロシアに収監されていた元米海兵隊員のトレバー・リード氏が釈放され、帰国の途に就いたと発表した。同時に米政府は、コカイン密輸の罪で収監中だったロシア人のパイロットを釈放したという。

 ロシアによるウクライナ侵攻をめぐる米ロ間の緊張を受け、米国内ではロシアで収監されている米国人の扱いに懸念が強まっていた。米政府は、今回の合意は囚人交換に限定したもので、ウクライナ情勢には影響しないとしている。

 米メディアによると、リード…

この記事は有料会員記事です。残り400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。