フォロワー15万人超の89歳 「不安」だけじゃない老後のつくり方

有料会員記事

聞き手・中井なつみ
[PR]

 「後期高齢者」じゃなくて、「高貴香麗者」。こんな言葉で自分を紹介し、ツイッターで話題になっている人がいます。東京都内でひとり暮らしをする大崎博子さん、89歳。10年続けているツイッターは、「毎日の暮らしを楽しむ」姿勢が共感を集め、フォロワー数が15万人を超えるまでに。シニア世代の「インフルエンサー」にもなっている大崎さんに、「老後の不安」と向き合うコツを聞きました。

韓国ドラマに晩酌も……日常の「幸せ」発信

 ツイッターで発信しているのは、毎日行く公園の風景のこと、はまっている韓国ドラマのこと、マージャンのこと……。大好きな晩酌のこともつぶやきますね。「幸せな毎日が送れて、ありがたいなぁ」って、私が日々思っていること、感じていることを、そのままにつぶやいています。

 なんてことない普通の日常ですが、「いまが一番幸せ」と感じている気持ちが、ツイートを読んでくださる方にも伝わるのかもしれませんね。

 「年を取るって、不安だけじゃないんですね」「いくつになっても楽しいことをしていられるんだ、と勇気づけられました」とか、そんな声をよくいただきます。

 いま、老後に漠然とした不安を持っている人が、多いのでしょう。生きていく不安がない人って、いないんじゃないかしら。

 私も、ちょっと前までは不安がたくさんありました。

 結婚して、娘を授かり、その後、離婚して……。ひとり親世帯がまだ珍しかった時代に、シングルマザーとして娘を育ててきました。いまでは、女性がひとりで生きていくことにも理解が広まって、さまざまな支援もあるけれど、あの時代は大変でした。

 いろいろな仕事に就いて、必死になって働きました。でも、それで気付いたら70歳まで現役で仕事ができ、今となってはよかったな、と思っています。

 70代でがんの手術をしたし…

この記事は有料会員記事です。残り1116文字有料会員になると続きをお読みいただけます。