鍵山優真は笑顔、高木美帆は感謝 メダリスト2人に縁、横浜が栄誉賞

小林直子
[PR]

 北京冬季五輪で活躍したスピードスケート高木美帆選手(27)とフィギュアスケート鍵山優真選手(18)に27日、横浜市スポーツ栄誉賞が贈られた。

 この日、中区の市庁舎1階アトリウムで2選手の贈呈式がそれぞれ開かれた。

 今大会、金メダルを含む4個のメダルに輝いた高木選手は日体大在学中、市内で練習を積んだ。「横浜で過ごした時間はとても大切で貴重な経験」とあいさつ。この日、贈呈式を見守った市民らに、「(五輪では)皆さんからの応援が私の気持ちを後押ししてくれた」と感謝を伝えた。

 男子シングルの銀メダルなど二つのメダルを獲得した鍵山選手は市内で生まれ、今春、星槎国際高横浜を卒業した。「感謝の気持ちやたくさんの人が応援してくれていることを忘れず、4年後はさらに良い色のメダルを獲得して横浜で良い報告ができたら」と笑顔で話した。

 市スポーツ栄誉賞は、五輪、パラリンピックといった世界大会で3位以内に入るなどの功績を残した市にゆかりのある選手に市と市スポーツ協会が贈る。これまでに延べ75人が受賞した。高木選手は今回が2度目、鍵山選手は初の受賞。小林直子

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]