山菜採りの夫婦、兵庫の山中で死亡 倒れた杉の下敷きか

[PR]

 兵庫県多可町加美区三谷の山中で27日午後5時40分ごろ、近くに住む無職高橋博幸さん(79)から「倒木でけがをして動けない」と119番通報があった。高橋さんと妻でパートの澄子さん(75)が倒れているのを消防が見つけて病院に運んだが、2人とも死亡が確認された。

 西脇署などによると、現場は千ケ峰の裾野から100メートルほど登った山中。2人は倒れてきた直径30センチほどの杉の下敷きになったとみている。周辺には数本の倒木があったといい、署などが状況を調べている。2人は山菜採りに訪れていたという。