山梨不明女児の母、現地へ 人骨発見に「娘でないと確信持ちたい」

竹中美貴、上保晃平
【動画】小倉美咲さんの母・とも子さんが報道陣の取材に応じた=上保晃平撮影
[PR]

 山梨県道志村の山中で人骨が見つかったことを受け、2019年に近くのキャンプ場で行方不明となった千葉県成田市の小倉美咲さん(9)の母とも子さん(39)が28日朝、同市の自宅から山梨に向かった。出発前、自宅前で報道陣の取材に応じ、「山の中から出てきたものが娘ではないと確信したい」と話した。

 とも子さんによると、25日に警察からキャンプ場付近で人骨らしいものが見つかったと連絡があったという。「娘ではない、絶対違うと思っていたが、報道されていく中で、色んなことが浮上してきて自分の中でも不安が大きくなってしまった」といい、現地へ向かうことにしたという。

 現地では、骨が見つかった場所の周辺を歩き、「娘の足でそこに歩いて行くことができるのか、確認しようと思う」といい、「絶対違うんだという確信をもちたい」「娘が生きてどこかで私たちの助けを待っていると信じています」と繰り返し述べた。

 とも子さんはDNA鑑定のため、美咲さん出産時のへその緒などを提供している。(竹中美貴、上保晃平)