円が一時急落、1ドル=130円目前に 日銀の金融緩和維持で円安に

有料会員記事

[PR]

 28日の東京外国為替市場円相場が一時急落し、2002年4月以来、20年ぶりとなる1ドル=130円台の目前まで迫った。日本銀行がこの日、金融政策決定会合で金利を低く抑え込む姿勢を明確にしたことで、利上げを進める米国との違いが意識され、円を売ってドルを買う動きが加速したとみられる。

 日銀が金融政策決定会合の結果を公表した直後、円はドルに対して1円ほど下落し、一時129円80銭台をつけた。市場の一部では日銀がこの日、急速に進む円安に対し、何らかの対策を打ち出すとの見方があった。しかし、逆に円安につながる金利抑制策の明確化を打ち出したことで円安に振れたもようだ。

 円安が加速し始めたのは3月…

この記事は有料会員記事です。残り674文字有料会員になると続きをお読みいただけます。