慣らし保育→慣れ保育 変わる子ども観、では「読み聞かせ」は?

有料会員記事

金沢ひかり、田渕紫織
[PR]

 保育園に入園したての子どもたちが短時間から保育に慣れていく「慣らし保育」を、「慣れ保育」と呼ぶ園が増えています。

 いつごろから、どんな理由で広がったのでしょうか。

 起源を探っていくと、「子ども観」の変化が見えてきました。

 記者が「慣らし保育」の取材を始めた4月の前半。SNS上で「慣れ保育」という言葉をよく目にした。

 なぜ、言い換えるのだろう。

 「保育園を考える親の会」顧問の普光院亜紀さんに聞いてみると、「特に都市部では、何年も前から、子どもを尊重する意識が高い園で『慣らし保育』を『慣れ保育』と呼び替えることが始まっていたと思います」という答えが。ただ、はっきりとした理由や起源はわからないという。

子どもの権利条約にカギ

 そこで、東京都大田区の未来のツリー保育園の園長でもある河合清美さんに聞いた。

 「大人が主導の『慣らしていくための保育』という考え方から、子どもに主体をおいた『慣れていくための保育』という考え方への変化を反映しています」

 河合さんが、保育の現場で「子ども主体」が強く意識されるようになった最初のきっかけと考えるのは、「子どもの権利条約」(1989年に国連で締結され、18歳未満の子どもも権利をもつ主体と位置付けた)だ。

 ただ、日本の批准は1994年と随分と前になる。その後、保育所保育指針にもその考え方が徐々に反映され、前々回(2018年)の改定あたりから、「昔は一部の保育者しか持っていなかった、子どもに何かを『させる』という意識は違うよねという思いが、保育業界のポピュラーな意識になってきているように感じます」。

記事後半では、日本保育学会前会長の汐見稔幸・東京大名誉教授に、乳幼児にも浸透する「根性論」について聞きました。

 実は河合さんは、言い換えの…

この記事は有料会員記事です。残り1338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
ハグスタ

ハグスタ

HUG STA(ハグスタ)は、子育て世代に開いたニューススタンドです。[記事一覧へ]