第1回反戦訴え、警棒で打たれたロシア女性 日本は「ものが言える社会」か

有料会員記事

[PR]

 乗ってきた地下鉄の駅を出たときだった。

 怒号と悲鳴。治安部隊が群衆を捕らえていく。20歳前後の小柄な女性が、警棒で打たれていた。

 ロシアが2月24日にウクライナ侵攻を始めて数日後のモスクワ市街。反戦を訴える市民らが、力ずくで排除されようとしていた。

 駆け戻り、地下鉄に飛び乗った。涙があふれた。

 現場に遭遇したロシア人女子学生が3月下旬、自身が特定されうる情報を報じない条件で取材に応じた。

 軍事に関する報道が虚偽とみなされれば、最長15年の禁錮刑が科される法改正が3月になされた。国内外の多くのメディアが、戦争報道の停止を迫られた。

 女子学生が遭遇したデモは「米国が仕組み、参加者は金をもらっていた」と国営メディアに報じられたという。フェイスブックツイッターは遮断された。今はロシア発の「テレグラム」で欧米メディアの報道に接する。

 戦争に抗議した市民らは続々と取り締まられた。ロシアの人権団体「OVDインフォ」によると、侵攻後これまでに1万5千人以上が拘束された。

 ウクライナ侵攻を機に、ロシア国内では言論への抑圧が強まっています。翻って、日本ではどうでしょうか。自由にものが言える社会でしょうか。まずは、力によって口をふさがれた人たちの体験から考えます。

取材に応じた在日ロシア大使は

 3月23日、マトリョーシカ…

この記事は有料会員記事です。残り2592文字有料会員になると続きをお読みいただけます。