「2人とも男性→ツインベッド」に限らず LGBTQへの理解は

有料会員記事KANSAI

聞き手・箱谷真司 写真・井手さゆり
[PR]

 観光に訪れるLGBTQ性的少数者)の人たちが、安心して快適に過ごせるようにするには――。そんな課題に挑むのが、自身がゲイでもある大阪観光局LGBTQアドバイザーの小泉伸太郎さん(53)だ。世界中から2820万人の来場を見込む大阪・関西万博まで3年。多様性の輪を広げようと奮闘する。

関西ニュースレター

関西発のおすすめニュースを週1回お届けします。こちらから登録できます。

 ――どんな活動をしていますか。

 「LGBTQへの理解を広める会社を経営しています。LGBTQの客を積極的に受け入れようとしている大阪観光局による、観光業者向けの研修でも講師を務めています。大阪観光局の取り組みは、全国の観光振興に取り組む組織のなかでも先進的。2024年にあるIGLTA(国際LGBTQ+旅行協会)の総会の誘致もめざしています」

 「世界を旅する海外旅行客のうち1割がゲイやレズビアンで、市場規模は年20兆円と言われています。1回の旅行での消費額が大きく、旅先が気に入ればリピーターになる確率が高い傾向もあります。そうした人たちに選ばれる観光地になれば、地域経済にも大きく貢献します」

 ――観光業者向けのセミナーではどんなことを伝えますか。

 「まずは、お客さまのなかにLGBTQと呼ばれる人たちがいることを理解する。見た目で性別や性的指向を判断しないのが大切です。お土産を探している人がいれば、『パートナーの方はどんなものがお好みですか』と聞くのが良いと思います。カップルプランを申し込んだ人たちが泊まりに来た時、2人とも男性でもダブルベッドからツインベッドに勝手に変更するのは誤りです」

 「トランスジェンダーのお客…

この記事は有料会員記事です。残り1350文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]