国民民主と維新、選挙協力合意を破棄の方向 参院選の一部選挙区

有料記事国民維新

小手川太朗、鬼原民幸
[PR]

 国民民主党日本維新の会参院選の一部選挙区で選挙協力するとの方針をまとめた合意をめぐり、両党は28日、破棄する方向で調整に入った。合意内容の一部について国民民主内で異論を唱える声が高まり、維新との再協議に臨んでいたが、折り合いをつけることはできなかった。

 「大変残念だ。(合意を)白紙に戻して、我が党だけで戦うスタートを切る」。維新の藤田文武幹事長は同日、国会内で急きょ開いた会見でこう語った。松井一郎代表(大阪市長)も記者団に「破棄なら破棄でいい」とし、選挙協力で合意した参院選京都、静岡両選挙区(いずれも改選数2)については、「(静岡で候補者を)しっかり探す。誰か立てる」と言及した。

 両党は今月、幹部間で協議し…

この記事は有料記事です。残り489文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!