やまゆり園事件、植松死刑囚側が再審請求 一審で控訴取り下げ確定

有料記事

大宮慎次朗
[PR]

 2016年に相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所者ら45人を殺傷し、殺人罪などで死刑が確定した元職員植松聖死刑囚(32)側が、横浜地裁に再審を請求したことがわかった。

 横浜地裁によると、請求は1日付で、翌日受理されたという。同地裁は今後、再審を開始するかどうかの決定を出すとみられる。

 同地裁は20年3月、植松被…

この記事は有料記事です。残り227文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    太田泉生
    (朝日新聞コンテンツ編成本部次長=人権)
    2022年4月29日5時46分 投稿
    【解説】

    裁判前に植松被告(当時)と7回面会して感じたのは、いのちの重みに対する現実感の圧倒的な希薄さだ。奪った命のみならず、自分の命すら、被告にとっては重みも現実感もないかのようだった。 その印象は、死刑判決への控訴を取り下げ、判決を自らの手