水深100mのカズワンまで「通常潜れない」 海保幹部が語った課題

有料会員記事

滝沢貴大
【動画】カシュニの滝の沖でカメラを海中に投入し捜索する掃海艇=平野真大撮影
[PR]

 北海道斜里町知床半島沖で26人が乗った観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が行方不明となった事故をめぐり、海底から「KAZUⅠ」と書かれた船体が見つかった。海上保安庁の奥康彦参事官が29日昼、同町ウトロ支所前で記者団に状況を語った。

 捜索には29日から海上自衛隊掃海艇「いずしま」が参加し、船体は、カズワンから救助要請があった半島西側の「カシュニの滝」付近で見つかったという。

 正午ごろに取材に応じた奥氏は「いま、情報が入ってきている状況。詳しい状況は、整理したのちに正しく発表する」と前置きし、「ソナー(水中音波探知機)を使った捜索の中で、何かあるかもしれない点はわかってきた。本日、水中カメラでそれを確認できた」と明かした。

 その上で「(船体の文字が)…

この記事は有料会員記事です。残り390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら