いつか、つながる2人の道 巨人コーチの亀井善行と親友が描く未来

有料会員記事

平田瑛美
[PR]

 昨季までプロ野球の読売ジャイアンツ(巨人)で活躍した亀井善行さん(39)。

 幾度の故障を乗り越え、がむしゃらさや勝負強さが多くのファンの胸を打った。そんな亀井さんには学生野球の10年間、特別な縁があった。

 社会人野球の日本新薬で活躍した箸尾谷(はしおだに)英樹さん(39)。中高で亀井さんとバッテリーを組み、大学ではライバルだった。

 奈良県北西部の安堵町出身。中学生で入部した野球チーム・オール大和(現・大和ボーイズ)で、隣町に住んでいた亀井さんと出会った。

 中学3年生の春には、亀井さんが投手、箸尾谷さんが捕手で、チーム創設初の全国優勝を遂げた。

 別々の高校に進むはずだったが、箸尾谷さんが「ここなら一緒に野球ができて楽しいかも」と、亀井さんを誘い、上宮太子高(大阪)に進学。野球部の1期生になった。

 3年間、クラスも部活も、登下校まで一緒だった。

 でも、一緒でないときに人一倍努力していたことを知った。

 2年生の春、府大会2回戦で初戦負けを喫し、亀井さんは足を疲労骨折。練習できない間、ウェート室にこもっていた。

 復帰後、捕手だった箸尾谷さ…

この記事は有料会員記事です。残り1197文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら