激戦地イルピンで国連トップは尋ねた「ロシア軍は…」 12分の訪問

有料記事ウクライナ情勢

イルピン=金成隆一
[PR]

 ウクライナを訪問中のグテーレス国連事務総長は28日、ゼレンスキー大統領との会談に先立ち、首都キーウ郊外の激戦地イルピンを訪問した。ロシア軍が撤退する前の「最前線」の一つで、国連トップは何を見て、何を語ったのか。現地で取材した記者が報告する。

 グテーレス氏は午前11時8分ごろに現地に到着した。送迎車を降りた地点は、ロシア軍の攻撃で上層階が大破し、真っ黒に延焼した、6階建てだったと見られる集合住宅の付近だ。1階部分には「ワイン」や「お花」「薬局」の看板表示などが焼け残っており、軍事施設ではなく、住宅と商業施設が入る建物だったことが一目でわかる。

 「ロシア軍はこの場所を一度…

この記事は有料記事です。残り1432文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。