NYダウ、一時1000ドル超下落 予想下回るアマゾン決算を受け

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 29日の米ニューヨーク株式市場で、主要企業でつくるダウ工業株平均が一時、1000ドル超下落した。前日にアマゾンが発表した決算が市場予想を下回り、投資家心理が悪化。高い成長率が株価の支えとなっているハイテク株を中心に幅広い銘柄が売られた。終値は、前日より939・18ドル(2・77%)安い3万2977・21ドルだった。

 ダウの構成銘柄では、前日に市場予想を下回る決算を発表した半導体大手インテルの値下がりが目立った。前日の決算発表でアップルが半導体の供給制約への懸念を表明したことも、値下がりにつながった。米国の金融引き締めや中国での新型コロナの感染が拡大していることも株売りの理由となった。

 ダウは4月に計約1700ドル値下がりした。年初からの下落幅は約3360ドルに達し、9%を超えた。ハイテク株が中心のナスダック総合指数はさらに下げ幅が大きく、今年に入り20%超下落している。(ニューヨーク=真海喬生)