「いまさらどこに」95歳の松本マツさん 長崎・石木ダム建設反対

有料会員記事

写真・文 吉本美奈子
[PR]

 自然豊かな長崎県川棚町の川原(こうばる)集落。その入り口のトタン葺(ぶ)きの監視小屋に、95歳の松本マツさんは週2回、弁当持参で通い、ひとり過ごす。近くには石木ダムの建設予定地。住民や支援者ら数十人が座り込みを続ける対岸は足場が悪くて行けないが、同じ気持ちで抗議したいと、70歳から小屋に通って25年となる。

ここから続き

 ダム建設の話が持ち上がった…

この記事は有料会員記事です。残り390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。