160年前のアーチ、豪快な放水に歓声 熊本・通潤橋

有料会員記事

吉本美奈子
[PR]

 石造りのアーチ水路橋として知られる国の重要文化財・通潤橋(つうじゅんきょう)(熊本県山都町)では30日、豪快な放水を見ようと大勢の観光客でにぎわった。

 青空の下、約160年前に造られた橋から勢いよく水が放たれると、見物客から歓声が上がり、写真や動画を撮る様子が見られた。ゴールデンウィーク期間中は、悪天候以外は8日まで毎日午後1時から15分間放水する予定。その後は農業用水として利用するため7月中旬まで休止する。

 橋は2016年の熊本地震で…

この記事は有料会員記事です。残り145文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら