23人ががれきの下、医学生ら39人連絡取れず 中国のビル崩落事故

有料会員記事

珠海=奥寺淳
[PR]

 中国湖南省長沙で6階建てビルが崩落した事故で、中国国営の中央テレビは30日、これまでに23人ががれきに閉じ込められ、これとは別に39人と連絡が取れていないことを明らかにした。習近平(シーチンピン)国家主席が、救援作業を急ぐことと、違法建築がなかったかなど事故原因を調べて責任を追及するよう重要指示を出した。

 現地からの報道では、これまでに5人が救出された。ただ、現時点でけが人や死者が何人にのぼったかは公表されていない。このビルには、地元の医療学校の学生も多数入居していたといい、連絡がついていない人も多いという。

 商店街にあったビルは29日昼ごろ、白い砂煙をあげながら突然、崩れ落ちた。ビルには、飲食店や旅館などが入居。さらに、このビル自体は6階建てだが、屋上に2階建ての住居が増設されていたという。近所の住民は中国メディアの取材に、ビルの所有者らが屋上に住居を建て増し、住民に貸していたと話した。

 崩れ落ちた後のビルの写真に…

この記事は有料会員記事です。残り216文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら