ホンダ販売店、不正車検で指定取り消し 相次ぐ問題、人手不足が影

有料会員記事

松本真弥、神山純一
[PR]

 国土交通省関東運輸局は31日、必要な検査をせずに車検を通していたとして、自動車ディーラー「ホンダカーズ東京中央」の王子店(東京都北区)について、道路運送車両法に基づき民間車検の指定を取り消した。整備士2人の車検の検査員資格も実質的に取り消した。違反台数は計1187台に上るという。

 運輸局によると、王子店は2020年8月~21年12月、車がまっすぐ走るかを確かめる「サイドスリップ検査」の装置を固定することで、ずれを抑えていた。また、一部の車検では、速度計やブレーキなどの性能検査を怠っていた。車検指定の取り消し後、2年間は再申請ができない。

 車の不具合による事故などは現時点で確認されていない、という。

 ホンダの広報担当者は「不正行為が行われていたことは誠に遺憾です。お客様にご迷惑をおかけしていることを深くおわび申し上げます」とコメントした。

 車検をめぐっては、トヨタ自動車系列の15社16店舗で計6659台の不正車検が昨年発覚。国交省山梨県東京都などの店舗に対し、民間車検の指定取り消しや、車検業務の停止などの行政処分を下した。四輪駆動車の速度計を検査しなかったり、排ガスの一酸化炭素を測定しなかったりしていた。

「年収3倍」で誘われる車整備士 ユーザーが知らない車検の実態

 整備士不足が深刻化しているのはなぜか。対策はないのか。神山純一記者が現場から報告します。

トヨタ、ホンダ、不正相次ぐわけ

 車検は全体の8割近くを国が…

この記事は有料会員記事です。残り1002文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら