「誰一人取り残さない」と言うけれど 具体性欠く「新しい資本主義」

有料会員記事

聞き手・筒井竜平
[PR]

 岸田政権が31日公表した「新しい資本主義」の全体像をどう見るか。みずほリサーチ&テクノロジーズの上席主任研究員、岡田豊氏に聞いた。

 新しい資本主義の4本柱であ…

この記事は有料会員記事です。残り516文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年5月31日21時55分 投稿
    【視点】

    「誰一人取り残さない」というスローガンは、野党第一党の立憲民主党も多用してきました。政治的には、自民党ににじんできた新自由主義的色彩に対するアンチテーゼであり、より社民主義的なリベラルという立ち位置を象徴する言葉でもあります。 しかし

  • commentatorHeader
    遠藤謙
    (エンジニア)
    2022年5月31日21時28分 投稿
    【視点】

    誰一人取り残さないというキャッチフレーズは、障害やLGBTQ、もっというと貧困層、途上国などに生まれた"社会的経済的マイノリティ"とされる方々のこれまで我慢の上に成り立っている資本主義が抱える課題に対するスローガンだ。日本はこれまで課題はも