4カ月で1780件分の協力者、セミナーで募集 家族ぐるみ詐欺事件

有料会員記事

高嶋将之、山口啓太
[PR]

 新型コロナウイルス対策の持続化給付金を詐取したとして指名手配された谷口光弘容疑者(47)やその家族らのグループが、給付金の受け付け開始直後の約4カ月間で約1780件を申請していたことが、捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、谷口容疑者らがセミナーを開催して短期間に多数の協力者を募り、組織的に不正な申請を繰り返していたとみている。

 捜査関係者によると、谷口容疑者は東京都港区六本木にある飲食店経営会社の代表を務めており、この会社の事務所やファミレスでセミナーを開催。呼び掛けに応じて参加した知人らに「誰でもお金がもらえる」と説明し、申請者になるよう呼びかけていたという。

 給付金の申請には、運転免許…

この記事は有料会員記事です。残り411文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら