• アピタル

第4回「私は、みっともない」過食嘔吐を繰り返した ミス日本、回復への道

有料記事

山内深紗子
[PR]

 幼い頃から、なぜか自信が持てなかった。

 キラキラしたグループに入りたい。でも私、面白いことが言えないし、会話が続かない……。

 あっ、きれいを保ったら武器になるかも。かわいい私なら、入れる? みんなが私と仲良くしてくれる?

 国際基督教大学に通う河野瑞夏さん(21)がこんな風に考えるようになったのは、小学校高学年のころだった。

 実践してみた。

 「スタイルが良くて、美しい人」を心がけた。人前では、にこにこ。

 作戦は成功した。

 でも高校3年生のとき、油断して太ってしまった。

 撮られた写真を見て、「私、太ったな」とグサッときた。軽い気持ちで、甘い物を少し控えるダイエットを始めた。

 大学生になった。

 もっと注目されて、友だちを増やしたい。

 ジム通いと激しいダイエットのとりこになった。

 ノースリーブを愛し、スポーツジムが居場所となった。

 朝7時半、同居する母が起き出す頃に近所のジムに向かう。筋トレとウォーキングを終えると、大学の授業へ。

 昼ご飯は0キロカロリーのゼリーとおから。午後7時から部活でダンスを踊り、また、ジムへと急ぐ。

 お気に入りのウェアに着替える。もちろん、ノースリーブ。

 かわいいじゃん。きょうもしっかり動けたから、あしたはもっと、スリムになっているかな。

 ジムのお風呂で鏡にうつる自分をみるたびに思った。

 「これをキープしなきゃ」

友達増やすためのダイエットだったのが、常に一人に

 日付が変わる前後に、へとへ…

この記事は有料記事です。残り3918文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    島沢優子
    (ジャーナリスト・チームコンサルタント)
    2022年6月8日9時4分 投稿
    【視点】

     摂食障害は、記事に表現されているように、自信の無さ、つまり自己肯定感と深くかかわります。日本は、先進国の中で「自己肯定感」が特段低い国です。内閣府の若者(13歳から29歳)を対象にした調査では「自分に満足しているか」という問いに、米、英、

  • commentatorHeader
    磯野真穂
    (人類学者=文化人類学・医療人類学)
    2022年6月8日7時39分 投稿
    【視点】

    食べることと、人間関係を作ることは似ています。食べることも、人間関係を作ることも、自分ではない何かを自分のうちに取り入れ、それと共に生きることだからです。 しかし、何をどのくらい取り入れ、それとどのような関係を保っていけば良いのか?こ