第2回「ホンダがダメだから」勢い増すバッシング 腹をくくった勝利請負人

有料会員記事

田村隆昭
写真・図版
インタビューに答えるホンダのエンジン開発責任者の浅木泰昭プロジェクトリーダー=デザイン・荻野史杜
[PR]

 「砂漠に水をまくようなものだ」

 ホンダがF1で栄華を極めた1980~90年代初頭の参戦「第2期」。当時エンジン開発に関わった浅木泰昭(64)は、勝利の味を知るひとりだ。

 だが、2015年から始まる「第4期」からはこう言って距離を置いていた。「勝てそうなにおい」を全く感じられなかったからだ。

 浅木は第2期の後、ミニバンの代名詞となった「オデッセイ」や、大ヒットした「N―BOX」を手がけてきた。

 一企業のエンジニアが苛烈(かれつ)な勝負事に身を置くことが、いかに後に生きるか。そのことを身をもって知っていた。

 だが勝てそうにない第4期にも、量産車を開発していた部下たちをF1部門に応援に出さざるを得ない。

 F1車の動力源「パワーユニット」の開発拠点である本田技術研究所「HRD Sakura」(栃木県さくら市)で悪戦苦闘するその顔が、目に浮かぶ。

注目を集めた最強タッグの復活

 ホンダは第4期の復帰当初、英国のチーム「マクラーレン」と再びタッグを組んだ。

 第2期の1988~91年の4年間、このタッグで王座を独占。特に88年には16戦15勝という、いまだ破られていない史上最高勝率(93・8%)を記録した。

 たばこの「マールボロ」をあしらった紅白の「マクラーレン・ホンダ」のマシンは、このスポーツのアイコンであり続けている。

写真・図版
1988年、鈴鹿サーキットで開かれた日本GPで走るアイルトン・セナ(マクラーレン・ホンダ)。出遅れたが猛烈な追い上げで優勝。初の年間優勝に輝いた

 それだけに最強タッグの復活は、国内外の注目を集めた。

 F1は各レースごとの着順によって与えられるポイントの合計で、ドライバー部門と、所属するドライバーの合計得点からなるチーム部門で年間王座を争う。近年は10チーム各2台、計20台が参戦する。

「ホンダがダメだからだ」

 ホンダ復帰初年の2015年は、ともに年間王者の経験を持つドライバー2人を擁しながらも10チーム中9位、ドライバー2人は16、17位と低迷。遅くて、よく壊れた。

 その年の10月、鈴鹿サーキット三重県)での日本グランプリ

 所属ドライバーでスペイン人…

この記事は有料会員記事です。残り2046文字有料会員になると続きをお読みいただけます。