第3回「チャンピオンをとってやめろ」 時間との戦い、3人は覚悟を決めた

有料会員記事

有吉正徳、田村隆昭、神山純一
[PR]

 ホンダでF1の「テクニカルディレクター」として世界を転戦する田辺豊治(62)は、例えるなら「調律師」だ。

 本田技術研究所「HRD Sakura」(栃木県さくら市)で開発するF1の動力源「パワーユニット」は、いわば理想の音を目指したピアノ。それを会場の環境や演奏家の好みに合わせて調律する。

 技術の粋を集めたパワーユニットだが、シミュレーション通りに現場でも動くとは限らない。

 天候や気温はどうか。

 路面の状況はどうか。

 ドライバーはどう感じるか。

 そして、どこまでパワーユニットに「鞭(むち)」を入れていいのか。

ホンダの「笑わない男」

 サーキットごとの特徴、レースの状況に合わせて、最適化を図る。それには、経験がものをいう。

 田辺の経験は、69勝を挙げ…

この記事は有料会員記事です。残り2247文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら