日本の農業にもウクライナ侵攻の影 ロシア産の肥料原料、輸入できず

有料会員記事

初見翔
[PR]

 ロシアによるウクライナ侵攻が国内農業にも影響を及ぼし始めている。ロシアなどから輸入していた化学肥料の原料が入手しにくくなっているためだ。政府は調達先の多角化を進める方針だが、原料は一部の地域に偏在しているため、実現は簡単ではない。

 「取引先から6月に化学肥料の値段を倍にすると言われた。使う量を考え直さないといけない」

 埼玉県深谷市を中心に計約50ヘクタールの農場を営む菜根譚(さいこんたん)農園の橋本剛・農場長はそう話す。ベビーリーフやヤマトイモなどをつくり、主にスーパーや飲食店に出荷する。肥料は生産コストの10~15%を占め、値上げの影響は深刻だ。

 化学肥料の量を減らせば堆肥(たいひ)など有機肥料の割合を増やす必要があるが、作物への効き方が異なるうえ、手間も増える。橋本さんは「農薬や燃料を含めてコストばかり上がっているが、つくった商品はなかなか値上げできない」と嘆く。

原料はどこから?

 農林水産省が4月27日に発…

この記事は有料会員記事です。残り749文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら