アンチェロッティはなぜ剛腕会長に重用されるのか 欧州5大リーグV

有料会員記事

稲垣康介
[PR]

 サッカーのスペイン1部リーグで4月30日、レアル・マドリードが本拠でエスパニョールに4―0で勝ち、2季ぶり35度目の優勝を決めた。クラブ公式サイトによると、アンチェロッティ監督はACミラン(イタリア)、チェルシーイングランド)、パリ・サンジェルマンフランス)、バイエルン・ミュンヘンドイツ)とあわせ、監督として欧州5大リーグをすべて制する初めての指揮官となった。

 ボスの威光をふりかざす名将が珍しくない業界で、カルロ・アンチェロッティ監督(62)は自己主張が控えめなことを強みとする。

 その資質は現役時代の役回りで育まれたのだろう。

 母国の強豪ACミランの黄金…

この記事は有料会員記事です。残り737文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら