チューリップで描いた最後の絵 春の風物詩、花集め難しく30年で幕

有料会員記事

茂木克信
[PR]

 球根を育てるために摘まれてしまうチューリップの花を使って巨大な絵を作る「にいがた花絵プロジェクト」。新潟市の春を彩ってきた風物詩が30年目の今年で休止される。生産農家の高齢化が進み、コロナ禍も重なった。最後となる花絵は4月29日、「ありがとう!」をテーマに制作された。

 29日午後1時、新潟駅南口中央広場で花絵作りが始まった。用意されたのは6色8種計7万1千本のチューリップ。同日午前中に新潟県内外のボランティア約150人がバス3台に分乗し、同県新発田市の畑で摘んできた。

 これを、畳サイズの板に開いた無数の穴に差していく。板は全部で24枚。分割して描かれた下絵にあわせ、飛び入りを含む約200人が同じ色のチューリップを選んで作業を進めた。

 約2時間後、縦3・6メートル、横10・8メートルの花絵が完成した。プロジェクトのマスコットキャラクター「ちュちュマン」が満面の笑みを見せている。応募83点の中から、新潟市内のデザイン専門学校生の作品が選ばれた。4歳と1歳の娘2人らと制作に参加した市内の自営業坂上敦さん(34)は「連休初日に娘たちも楽しめたようでよかったです」と話した。

コロナ禍で資金面も厳しく

 プロジェクトは1993年に…

この記事は有料会員記事です。残り444文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら