共存か排除か 改憲を語る政治家たちへ、そこに文明観はありますか

有料会員記事

聞き手 編集委員・豊秀一
[PR]

 明治憲法下でスタートした立憲主義のプロジェクトは一度挫折を味わうが、敗戦を経て日本国憲法の下で再開して75年を迎えた。ロシアがウクライナを侵攻し、国際秩序を揺さぶる中、国内では改憲論が勢いづく。日本の立憲主義の現状をどう見るか。憲法学者の石川健治・東大教授は、読み解くかぎは「文明」だという。

 ――今年は明治憲法の施行(1890年)から132年でもあります。明治憲法下の立憲主義をどう評価されますか。

 「明治時代の首脳たちは、文明国になるためには、権力分立と権利保障を備えた立憲主義の体制が必要だという認識を持っていました。当時の日本は、西洋列強の圧力の中で国家としての生き残りを懸けており、富国強兵・殖産興業(軍部主導の軍国主義と官僚主導の開発主義)に注力していましたが、国防目的だけではない観点を、彼らはもちあわせていました」

 「伊藤博文が特にそうです。文明国であることを認めさせて不平等条約の改正を促進するもくろみは、もちろんありました。しかし、憲法というのは、ヨコのものをタテに翻訳すれば済むような、簡単な話ではありません。社会に定着するかどうかが勝負です。伊藤は、広大な新世界に連邦制かつ共和制の憲法体制を実現したアメリカ人の実験精神に触発されつつ、立憲主義を日本という古い土壌に定着させるよりどころを求めてヨーロッパをめぐりました。伊藤の文明へのコミットメントは本物です。彼が中心になって起草した憲法には、天皇制をてこにした文明化の実験という側面があったわけです」

 ――伊藤が目指したようなかたちで立憲主義は定着していくのでしょうか。

 「残念ながら、近代日本の国のかたちは、立憲主義だけでなく、君主主義、軍国主義、開発主義、植民地主義の合成物として、伊藤の死後1910年ごろに固まることになり、その後はそれらの間で綱引きが行われることになります。大正デモクラシーと呼ばれたのは、立憲主義が他に比べて相対的に優勢だった時期で、それを支えていたのが東京帝大教授の美濃部達吉の憲法学でした。政界官界のみならず宮中をも支配し、昭和天皇自身もその考え方を支持していました。その理屈の力で、公権力の分立・均衡と、私人の権利保障とを支えていたわけです」

 「憲法は条文のかたまりではなく制度のかたまり」という石川さん。憲法9条も国防の手段を定めた条文ではないと言います。記事後半では、改憲案への見方について語ります。

美濃部学説の抹殺につながった満州事変

 ――35年、美濃部の天皇機関説(統治権は法人である国家にあり、天皇もその機関にすぎないという学説)は「国体に反する」と右翼や軍部の激しい攻撃を受け、美濃部は公職を追われ、著書は発禁処分となります。

 「満州事変が、軍国主義が優…

この記事は有料会員記事です。残り2633文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    副島英樹
    (朝日新聞編集委員=核問題、国際関係)
    2022年5月3日22時33分 投稿
    【視点】

    極めて重い指摘だと思います。ロシアの暴挙を厳しく非難するとともに、改めて突き詰めなければならない本質的な問いを、石川教授は提起されていると思います。それは以下のくだりです。《問われているのは、異質なものと共存する世の中を選ぶのか、異質なもの