サッカー指導のノウハウ教えます 日本協会が開く、先生向けの研修会

[PR]

 日本サッカー協会が、小学校の教員向けの研修会を続けている。

 「小学校体育サポート研修会」と銘打ち、現役の教員や長く子どもたちを指導するサッカーコーチらが講師を務める。

 スタートは2014年。研修会のメニューは、子どもたちの目線に立って、一人ひとりが楽しめる内容を中心に組み立てている。技術の習得は二の次だ。

 プロジェクトメンバーの北野孝一さん(58)は「先生たちは明日にでも、自分の授業でやってみたいと思うはず」と自負する。

 日本協会によると、研修会は21年までに計150回開き、延べ3300人以上が参加した。

 今春からは公式サイト上での募集も始めた。希望する小学校には無償で講師を派遣する。

 協会の中山雅雄・普及ダイレクターは「子どもの健全な身体の発達や、学校体育、教育にいい影響を与えるため、先生たちと一緒になってやっていきたい」と話している。