さなぎからチョウへ 羽化しつつあるドラゴンズ石川昂弥に気づいた日

有料会員記事中日ドラゴンズ

山田佳毅
[PR]

 さなぎが蝶(ちょう)になるため、羽化しつつあるのだろう。

 中日ドラゴンズの石川昂弥(たかや)選手(20)。4月28日、阪神タイガース戦(甲子園球場)の二回、左中間スタンドへ今季第4号となる先制の2点本塁打を放った。

 勝てば殊勲の一打となったはずだが、試合は2―3で敗れた。

 「今日打ちましたけど、チームが負けたので悔しいです」。満面の笑みで喜びを表す姿を見たかっただけに、残念だった。

 甲子園球場は、石川昂にとって特別な球場だ。

 3年前の2019年春、高校生だった石川昂は、愛知・東邦高の主軸として第91回選抜高校野球大会に出場し、計3本塁打を記録して注目された。決勝では2本塁打を放ち、チームを優勝に導いた。

 甲子園球場でアーチをかけたのは、その時以来だった。

 自分の打撃をものにするため、打者には見つけなければならない「何か」がある。その「何か」に、石川昂は近づいてきたのではないか。

毎週火曜日に中日ドラゴンズの話題を配信しています

 そう思ったのは、取材のなかで、彼の言葉の変化に気づいたからだ。

 石川昂がプロ初本塁打を放っ…

この記事は有料会員記事です。残り879文字有料会員になると続きをお読みいただけます。