「どうして自前で勝負しないんだ」 協業にかじ切ったホンダの自問

有料会員記事

神山純一
[PR]

 長らく孤高を貫いてきたホンダが、電気自動車(EV)の普及を見据えて仲間づくりに励んでいる。ソニーグループとはEVを共同開発し、米ゼネラル・モーターズ(GM)とは、EVの車台を共通化する方針だ。電動化担当の青山真二専務は朝日新聞の取材に、「EV時代は、メリハリのきいた協業が重要だ」と路線転換のわけを語った。

 ホンダは3月、ソニーグループと年内に合弁会社をつくり、EV開発を進めると発表した。高価格帯のEVを2025年に発売する計画で、ソニーが音楽や映像などの車内サービスを提供し、ホンダが生産する。

 青山氏はソニーの持つソフトの魅力を評価し、「プレイステーションのエンターテインメント性が車に移植されれば、ビジネスの可能性が広がる。エンジニアへの刺激も大いにある」と期待する。

 ソニーとの協業に踏み切った…

この記事は有料会員記事です。残り2302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら