「嫁になってくれますか?」車に手紙残し、息子たちは観光船に乗った

有料会員記事

中沢滋人
[PR]

 北海道・知床半島沖の観光船事故で死亡が確認された鈴木智也さん(22)の葬儀が2日、出身地の北海道帯広市で営まれた。鈴木さんは交際中の女性にプロポーズする準備をして女性と一緒に乗船していた。葬儀では、鈴木さんの車に残された女性に宛てた手紙が公開された。「ずっとずっと大好きです」「嫁になってくれますか?」と鈴木さんの思いがつづられていた。

 鈴木さんの親族によると、手紙は事故後、船が出港した斜里町内の駐車場にあった鈴木さんの車のシート下から見つかった。手紙と一緒にネックレスもみつかり、一緒に、交際中の女性に渡すつもりだったとみられる。

 事故のあった4月23日は女性の誕生日で、日付が書かれた手紙は、「誕生日おめでとう。今日で出会って308日が経ちました」との言葉から始まる。「最初は本当に顔が小さくて可愛いな~って いい子だなって、それが今や彼女なんだよ!!! 凄(すご)くない?」と書かれていた。

 手紙の後半で、鈴木さんは「…

この記事は有料会員記事です。残り1035文字有料会員になると続きをお読みいただけます。