写真・図版

「もう酒だします」「未来のため休業」貼り紙から見えたコロナの2年

コロナに勝つと可愛い絵と共に書かれていた=2021年5月20日午後8時57分

 2年以上続くコロナ禍で、すっかり見慣れた飲食店の貼り紙。時には嘆き、時には客を気遣う1枚1枚からは、店主の切実な思いが伝わってくる。私たちが初めて経験した緊急事態宣言からこの春まで、飲食店を取り巻く状況を、貼り紙からたどった。

[PR]
【動画】貼り紙から見えたコロナ禍=福留庸友撮影

 「苦渋の決断 今ではなく未来のために 休業します」

 3回目の緊急事態宣言が出されていた2021年5月下旬、東京都港区居酒屋「魚バカ一代」の入り口には、そんなメッセージが書かれた黒板があった。当時の店長でメッセージを書いた近藤健介さん(51)は「苦渋」の意味をこう説明する。

 「周りには開けている店もあって、正しい決断が何か分からなかった。本音はうちもやりたいけど、『クラスターが起きたら……』と思うと怖くて」

 黒板はお客さんにオススメやその日の特別なサービスを知らせるために使っていたものだった。

 先が見えない苦しい日々に、逆の決断をした店もあった。

 「もう… 酒 だします!」

 3回目の緊急事態宣言は解除…

この記事は有料会員記事です。残り2069文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら