沈没の観光船、定点連絡怠る 「当社の落ち度」社長が規程違反認める

有料会員記事

[PR]

 北海道・知床半島沖の観光船沈没事故で、運航会社が事故当日、ルート途中の定点連絡を怠っていたことが分かった。安全運航のため、作成を法で義務づけられた規程に違反していた。また規程上、運航管理者も務める社長は原則として事務所で勤務する必要があったが、不在にしていた。同社のずさんな運航実態がさらに明らかになった形だ。

 観光船「KAZUⅠ(カズワン)」の運航会社「知床遊覧船」(北海道斜里町)の桂田精一社長が、乗船者の家族に配った資料で明らかにした。桂田社長は資料で「当社(私)の落ち度」として規程違反を認めたうえで、「(規程通りの運航なら)事故の発生を回避できた可能性はあった」と述べ、謝罪した。

運航中の定点連絡、定めていたが

 桂田社長が違反を認めたのは…

この記事は有料会員記事です。残り563文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら