「日本うんこ文化学会」設立した専門家 排便ケアめぐる切実な事情

有料記事

[PR]

榊原千秋さん 「うんこ」を文化にしようと学会を作った排便ケア専門家

2021年12月10日の朝刊より(肩書や年齢は当時)

 「日本うんこ文化学会さま!」。一般社団法人の設立手続きで、役所や銀行の窓口から何度も呼ばれた。漢字ドリルでも知られるようになった「うんこ」が市民権を得つつあると感慨深かった。

 出身の愛媛県で保健師を務め、結婚後は石川県小松市に移り訪問看護を始めた。当初訪れた患者宅は家中が便で汚れ、始末に追われることも少なくなかった。吸水性のよいオムツ探しに走ったが、尿失禁や便漏れには原因がある。問題点に応じた技術や知識があれば対処できると知った。

 41歳で金沢大大学院の博士…

この記事は有料記事です。残り332文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら